品質管理基準

  • ロッテリアの品質管理基準について

    ロッテリアは、食の安全を全てに優先して、お客様に高品質でオリジナリティの高い商品を提供します。そのために、ロッテリア品質方針に基づき、原材料・製品を供給するお取引先、その原材料・製品を店舗に届ける物流、そして最終加工を行う店舗が守るべき基準・規格をL.Q.S(ロッテリア・クオリティ・スタンダード)に定め、厳しい条件をクリアした商品のみをお客様にお召し上がりいただいております。

  • ロッテリアの品質方針について

    ロッテリアの品質方針は以下の4つです。
    【 法令遵守 】
    食品関連法令を遵守します。
    【 お客様視点 】
    常にお客様の立場で考え、高品質な商品を提供します。
    【 情報提供 】
    お客様の信頼と安心のために正確な情報を提供します。
    【 安全な商品の提供 】
    衛生的な店舗で、安定した品質の商品をお客様に提供します。
  • ロッテリアの原材料について

    ロッテリアの使用する原材料は、ポジティブリスト制度(農薬、薬品の残留に関する基準)に従い、食品衛生法、JAS法、計量法、健康増進法など関連法令に適合しているか、「食の安心、安全」に対する厳しいチェックを行っています。

  • ロッテリアの工場について

    ロッテリアの製品は、厳選された原材料を使い、パートナー企業の工場で加工されます。
    その工場はロッテリアが定めるL.Q.S(ロッテリア・クオリティ・スタンダード)基準に合格した工場に限られ、ロッテリア品質保証担当が工場監査を行い製品の安全性を担保しています。


    ※工場監査中の様子

  • ロッテリアの物流について

    工場で製造された製品は、全国8ヵ所の物流センターから店舗へ配送されます。
    冷凍、冷蔵、常温の3つの温度帯で保管し、温度管理がなされた配送車で店舗に届けられます。ドライバーもL.Q.S(ロッテリア・クオリティ・スタンダード)基準を守り、品質保証の責任を担っています。


    ※配送中の様子

  • ロッテリアの店舗について

    店舗は製品の最終加工を行い、高品質な商品をお客様にお届けする最前線です。HACCP管理、自主監査、外部衛生検査などのしくみにより、決められた作業手順での製造を確認し、お客様に安心、安全な商品を提供します。

  • Hazard Analysis and Critical Control Point

    HACCPとは、食品等事業者自らが食中毒菌汚染や異物混入等の危害要因(ハザード)を把握した上で、原材料の入荷から製品の出荷に至る全工程の中で、それらの危害要因を除去又は低減させるために特に重要な工程を管理し、製品の安全性を確保しようする衛生管理の手法です。

    この手法は 国連の国連食糧農業機関( FAO )と世界保健機関( WHO )の合同機関である食品規格 (コーデックス) 委員会から発表され、各国にその採用を推奨している国際的に認められたものです。